■Top -> 業務案内 -> 交通事故

交通事故について

 交通事故に遭い、いよいよ示談して賠償金を受け取る場面になると、賠償金の算定(治療費、交通費、休業損害、慰謝料等)が問題となってきます。
あなたにも一定の過失が認められる場合には、その分、賠償金が減額されることもあります。

交通事故は誰にでも起こりうるとはいえ、人生においてそう何度も経験することではありません。
交通事故の損害賠償に関する専門知識が無いために、何をどう主張したら
良いのか分からないまま、何となく示談してしまうケースも多いようです。

しかし、ちょっと待ってください。

示談をするということは「示談金を受領した後は、今後、一切の賠償請求が
出来ない」ということです。

慎重になるに越したことはありません。
示談する前に少しだけ立ち止まって、専門家の意見を聞いてみませんか。