■Top -> 業務案内 -> 遺言・相続

遺言・相続について

 「自分のところは遺言書を書かなくてもだいじょうぶ」と思っていませんか?

 しかし、それまで円満だった親族関係が、相続を切っ掛けにして「争族」になって しまうことがあります。
 遺言書を作成することは、ご自分の財産の処分についてあなたの遺志を実現すると共に、親族間のトラブル回避にも役立ちます。
 ただし、民法に定める方式に従わなければ遺言自体、無効となることがあります。
また、遺言書の文言が不明確だったり、法律に反する内容だったりすると、 かえってトラブルの火種になることすらあります。
せっかく遺言書を作成するのであれば、専門家に相談することをお勧めします。

 また、法的に有効な遺言書が無いまま相続が開始した場合には、 相続人が集まって遺産をどのように分けるかについて協議するわけですが、 様々な思惑が交錯して話がまとまらないことがあります。
 だからといって、何も決めないまま長期間にわたり放置しておくと、 相続人の世代が替わって相続人の人数が増え、親族関係も希薄になるなどして、 いっそう収拾が付かなくなってしまいます。
 話し合いが難しそうなら、それ以上こじれる前に、 早めに専門家に相談することをお勧めします。