■Top->弁護士費用について->刑事事件について

弁護士費用について(刑事事件)

刑事事件の場合も、基本的には民事事件と同じく、着手金、報酬金、実費、
日当が発生します。
ただし、刑事事件の場合、捜査段階からご依頼頂く場合(捜査弁護)と、
公訴提起後にご依頼頂く場合(公判弁護)があり、それぞれ費用が異なります。
(刑事手続きの流れ)

なお、捜査段階でご依頼頂いた事件が公訴提起に至った場合は、改めて公訴提起の場合の着手金を頂くのではなく、追加で着手金を頂くことになります。

ただし、以下の基準は裁判員裁判対象事件以外の事件です。
裁判員裁判につきましては別途お見積もりさせていただきます。

着手金
弁護士に事件等の処理を依頼するときに、その処理に着手するための対価です。
金額については、大まかには以下の費用の目安のとおりですが、事件の難易度を考慮の上、依頼者とご相談の上決定させていただきます。
着手金は、基本的にご返還は致しませんが、事件が途中で終了した場合は、その理由を考慮の上、返金させていただく場合もあります。
(費用の目安)
捜査弁護 着手金20万円〜40万円(税別)
被疑事実の内容、罪を認めているか否か、被害弁償等の必要な弁護活動の内容、余罪の有無などを考慮して決定させていただきます。
罪が一つだけで余罪もないという場合、20万円〜30万円程度です。

公判弁護(裁判員裁判以外)  着手金30万円〜50万円
被疑事実の内容、罪を認めているか否か、被害弁償等の必要な弁護活動の内容、余罪(追起訴)の有無などを考慮して上記範囲決定させていただきます。
 ただし、捜査弁護段階から受任させていただいている場合は、追加着手金として通常10万円〜20万を頂戴します。

報酬金
いわゆる成功報酬です。
ご依頼い頂いた事件について、成功の度合いに応じてお支払い頂く費用です。
事件の処理が不成功だった場合は発生致しません。

刑事事件の場合の成功報酬は、
・捜査弁護  不起訴処分ないし略式起訴(罰金)になること
・公判弁護  無罪獲得、刑の執行猶予を勝ち取ること、検察官の求刑からの減刑の程度 などを成功の要素として考慮し、決定させていただきます。

(費用の目安)
・捜査弁護での成功報酬 10万円〜30万円(税別)
・公判弁護での成功報酬 10万円〜100万円(税別)
  困難事件で無罪獲得に成功した場合は、成功報酬は多額になることを覚悟して下さい。
  通常、初犯で執行猶予を獲得した場合の成功報酬は、10万円〜30万円(税別)です。

実費
事件の処理に必要な実費です。
相手方等に書類を郵送するための郵便代、その他諸機関を利用する場合の手数料、旅費等です。
ある程度の実費が掛かることが予想される事件については、事件着手の際に、預かり金として一定額をお納め頂く場合があります。

日当
弁護士が事務所あるいは法廷外の活動で、一定の時間を必要とする場合や、遠距離の地域の裁判所に出張しなければならないような場合に掛かる費用です。
例えば、宮城県内には気仙沼、登米、石巻、古川、大河原等に裁判所の支部がございますが、それらの場所に出張する場合には、場合によっては日当を頂くことになります。

・半日程度の出張の場合の日当(宮城県内ですと 古川、石巻、大河原)
  1万円
・1日程度の出張の場合の日当(宮城県内ですと気仙沼、登米)
  2万円〜3万円
・1日以上の出張の場合
  お見積りが必要です。

手数料(告訴状の作成等)
・告訴状の作成
犯罪の被害に遭われた場合には刑事告訴をすることができます。また、被害者でない場合でも他人の犯罪を発見した場合、告発することができます。
残念なことに警察は、時に告訴、告発に対して消極的であり、手続きが難渋します。告訴の手続きは、告訴状を警察ないしは検察庁に受理してもらうことまでが弁護士の範疇であり、犯人を裁判にかけるかどうかは検察官が決定します。

(費用の目安)
告訴状の作成 10万円〜20万円
告訴する内容の複雑さ、資料の量等を考慮して決定させていただきます。

手数料(その他)
一回程度の手続き、又は委任事務処理で終了する事件等については、手数料という名目で費用を頂きます。
内容によりますが、3万円から10万円程度です。