■Top->弁護士費用について->弁護士費用の算出について

弁護士費用の算出について

弁護士費用は単純に算出できるケースもありますが、
費用明細が多岐に渡り計算が複雑になる場合もありますので
一概に申し上げることが出来ません。
正確な費用はご相談頂いた際にお答え致しますが、
ここではご依頼前の目安として費用算出の一例をご紹介します。

法律相談
1,000円/30分(税別)
ただし,借金の返済・過払金の請求に関する相談は初回無料です。

内容証明郵便
弁護士名なし:20,000円(税別)〜
弁護士名あり:50,000円(税別)〜(簡単な交渉を含む)

民事訴訟事件(着手金・報酬金)
※ 着手金,報酬金とも基本的に同じ基準で算定します。
※ 事件の種類,難易度によって,別基準によることがあります。
※ 示談交渉,契約締結交渉については,上記基準を参考に減額いたします。

経済的利益が金300万円以下の場合
経済的利益の額×10%+消費税
(ただし、105,000円が下限です)

経済的利益が金300万円を超え、金1000万円以下の場合
(経済的利益の額×8%+金60,000円)+消費税

経済的利益が金1000万円を超える場合
(経済的利益の額×5%+金360,000円)+消費税

債務(借金)整理(過払い請求事件も同様)
※法テラスによる民事法律扶助をご利用の場合は,法テラス所定の料金となります。

離婚
任意整理、自己破産・破産、民事再生
顧問料(法人、個人)
30,000円/月〜(税別)
※事業の規模,職種により変わります

書面による鑑定料
100,000円〜(税別)

契約書の作成
50,000円〜(税別)

契約書のチェック
20,000円〜(税別)


*具体的な案件のお見積もりは法律相談の後にお示しいたします。
※法テラスをご利用の場合は,上記目安ではなく
法テラスの基準にて着手金及び報酬金をお支払いいただくことになります。