■Top->よくある質問

よくある質問 一覧
質問内容 & 回答
Q 法律相談の費用はどの程度かかりますか?
Q 原則として、30分あたり1000円(税別)を頂戴しております。
ただし、クレジット・サラ金(消費者金融)への返済に関するご相談は、初回無料で承っております。
また、当事務所では、不定期ではありますが(年4回程度)、無料法律相談会を実施しています。詳細はお問い合わせ下さい。
なお、事件をご依頼いただいた場合は、その日の相談料はいただきません(着手金に含まれるとお考えください)。

Q 法律相談をするのに予約は必要ですか?
Q 相談者の方からお話しをうかがう時間を十分にとるため、法律相談は、予約制とさせていただいております。
突然事務所にお越しいただいてもご対応はいたしかねますのでご了承ください。

Q 夜遅く、または休日しか時間がとれません。
大丈夫ですか?
Q 相談は原則として営業時間内(9時〜17時)とさせていただいておりますが、夜間、休日のご相談も可能な限り対応致します。
ご相談下さい。

Q 宮城県外の者ですが、法律相談に応じてくれますか?
Q 遠方にお住まいの方でも、事務所にお越しいただければ、相談はお受けいたします。
ただし、当事者が遠方にお住まいの事件については、ご依頼をいただくと着手金等の通常発生する費用のほか、多額の出張日当が発生する場合がございます。
(弁護士費用の項目をご参照下さい)

Q 法律相談をするにあたって、どのようなものを準備すればよいですか?
Q 相談したい事件に関して、事件の相手方の連絡先、相手方と書面等を取り交わしている場合や、裁判所からきた書類等、参考になりそうな資料がある場合は、できればすべてお持ちください。
(詳しくは、「法律相談を受けられる方へ」をご参照下さい。)
また、できれば、相談したい事件のこれまでの経緯等について、書面(箇条書き程度で結構です。)にまとめたものをご持参ください。

Q 借金の返済について相談したいのですが、どのようなものを準備すればよいですか
Q クレジット・サラ金(消費者金融)への返済に関するご相談の場合は、現在の債権者の名前、金額、連絡先を一覧表にしてください
(一覧表をお使い下さい)

Q 私の息子が突然逮捕されました。
この後、いったいどうなるのでしょうか?
Q 刑事手続の流れをご参照下さい。

Q 裁判所からなにやら通知がきました。
まず、何をしたらよいでしょうか?
Q まずは、封を開けて、内容をよくご確認下さい。
訴訟、調停、強制執行の手続等いろいろな場合が想定されます。
裁判所からの書類は、放置してしまうと、後に重大な結果になることもあります。
お読みになってもよく分からないときは、まず弁護士に相談されることをお勧めします。
民事裁判の流れをご参照下さい。

Q 法律相談に行く時間がありません。
メールや電話での法律相談は受けてくれますか?
Q 申し訳ございませんが、原則としてメールや電話のみでの相談に対する回答はいたしておりません。
メールや電話だけでは、ご相談の内容、こちらの回答の内容がうまく伝わらないことがあるからです。
お悩みの件に関する具体的なご相談については、来所していただく必要があります。
ただし、顧問契約をいただいている方の場合、メールや電話での質問・回答もさせていただいております。

Q 弁護士を頼んだ場合の費用が分からないので怖くて相談できないのですが・・・
Q 法律相談については、当事務所では、30分あたり1000円(税別)です。
ただし、借金の返済に関するご相談は無料でお受けしております。
また、時折、無料法律相談を実施しておりますのでお問い合わせ下さい。
事件のご依頼については、請求額・難易度等によってかかる時間や手間が異なるため、費用についてあらかじめ明確に申し上げる事ができないのが難しいところです。
目安についてはこちらでご確認下さい。
なお、当事務所は、法テラスに登録していますので、法テラスの法律扶助の要件を満たす方は扶助事件として受任することができます。詳しくはこちらをご覧下さい。

Q 弁護士費用を全額用意できません。
分割払いはできますか?
Q 受任の際に一括でお支払い頂くのが原則ですが、事件の内容、ご相談者の状況等を考慮し、ご相談には応じさせていただきます。
また、一定の要件を満たされている方は、法テラスの法律扶助を利用することもできます。
くわしくはこちらをご覧下さい。

Q 顧問弁護士を依頼したいのですが、料金の目安を教えて下さい。
Q 会社の規模やお取扱い業務の内容等によって異なりますが、基本的に月3万円(税別)でお受けしています。詳しくはこちらをご覧下さい。